霊園探しを東京でお考えの方へのメッセージ

東京はわが国の首都であり、政治経済の中心地であることから、さまざまな人が生活や仕事をする場所となっています。そのため、亡くなったあとの生活の場ともいえるような墓地についても、当然ながら昔からそれなりに存在するものですが、需要に対して供給が追いついているのかといえば、なかなか疑問な部分もあるといえます。そのため、このエリアでお墓を建てるための霊園を選ぼうとするのであれば、できるだけ事前にさまざまな情報を集めておいて、それらの内容の比較検討ができるようにすることが求められるものといえます。また、場合によっては、申し込みにあたってのいろいろな制約となるような条件が付いていることもめずらしくはありませんので、その点についてはしっかりと把握しておくことも重要です。

さまざまなタイプがあることを知る

東京の霊園というものは、土地不足を反映して、他の地域よりもさまざまなタイプのものが供給されていますので、ひとつずつ内容をチェックすることが望ましいといえます。一般的なお墓というものは、野外にあって、それぞれの家系ごとにひとつの区画を専有し、そこに墓石を建てるというスタイルになります。しかし、最近ではかならずしもそのようなスタイルだけではなく、複数の階がある建物のなかにお墓をしつらえるという屋内型であったり、同じ屋内でも納骨ができるスペースをあたかも立体駐車場のように移動させることができて、お墓参りで呼び出しをすることによって、そのスペースが礼拝室に移動してくるといった、きわめて機械化されているようなものまであります。これらは費用の面でも一般的なお墓を建てるよりは安価であったり、区画の空き状況に余裕があったりしますので、選択肢に入れておくのもよいといえます。

募集上の制限がないかどうかは確認しておく

東京の霊園探しで気をつけておきたいこととして、現在募集をしているとはいっても、さまざまな制約条件がもうけられているために、実際には手に入れることが難しいケースがあり得るということがあります。たとえば、特定の宗派の本山などが都内で提供しているもののなかには、その宗派に属している人だけといった限定の条件がかかっていることがあります。また、都営墓地のようなところであれば、物理的に空きがないという関係から、募集自体を停止していたり、募集はしていても毎年決まった時期だけということが多く、しかも抽選方式になっているために、はずれてしまえばまた翌年を待たなければならないといった、かなりきびしい条件になっていることがあります。こうした条件をよく見ておかないと、機会を損失するだけでなかなか場所が決まらないということにもなりかねません。